デザイン教室について

教室所在地・お問合せ

MAY-デザインの教室-は東京都、阿佐ヶ谷駅から徒歩12分、賑やかな商店街を抜け、静かな住宅街の一角にあります。デザインについて考え、学ぶ、子どものための小さな教室です。

デザインとつく言葉は、グラフィックデザイン、ウェブデザイン、デザインと多々ありますが、結局のところデザインとは、自分の身の回りのあらゆることに対して、「どうして?」「なんで?」という疑問を抱くことと、それを解決するためのよりよい方法を考え、みちびきだすことです。

デザイン教室の授業では、「わたし」「あなた」「かんかく」「いろ」「かたち」など、自身と、その周りにあるものごとから抽出した12のキーワードをもとにして、子どもの発達段階に合わせて、デザインの切り口から様々な授業を行っています。ささいな日常の気づきからアイディアをつむぎ、創造と実践を行う学びの場です。

こどもたちが本来持つ、豊かな想像力と創造力にこそ、今の世の中を過ごしやすく、楽しくするヒントが隠れています。

こどもたち一人ひとりが、小さい頃に誰もが持っていた、自分の身の回りのあらゆることに対する「なんで?」の気持ちを大切に、想像力と創造力に溢れるおとなに育ってくれることを願っています。

MAY -デザインの教室- 代表
室 諭志

デザインを考えるための12のキーワード

  • わたしわたしi
  • あなたあなたyou
  • からだからだbody
  • かんかくかんかくsense
  • ことばことばword
  • たべものたべものfood
  • いろいろcolor
  • かたちかたちform
  • いきものいきものlife
  • しぜんしぜんnature
  • たてものたてものarchitecture
  • ひとびとひとびとpeople

講師プロフィール

室 諭志

室 諭志(むろ さとし)

京都造形芸術大学 空間演出デザイン学科卒業後、地元兵庫県の公立中学校にて美術科の常勤講師として勤務ののち、上京。
NPO法人MYstyle@にて地域コーディネーターとして在籍。
2015年に独立し、デザイン事務所「MAYBE the design(?)」を設立。
「MAY-デザインの教室-」代表。

教室所在地・お問合せ

教室所在地・お問合せ

〒167-0032 東京都杉並区天沼1-37-11 1F TEL : 03-6383-5733 MAIL : info[at]maybe-d.jp

わたし

わたしi

毎朝洗面台の鏡にうつるわたし、
あたりまえに今ここにいるわたし、
そんな自分についてあらためて考えて見ると、まだしらない「わたし」に会えるかも。

あなた

あなたyou

みためも、かんがえていることもちがう「あなた」。
わたしとあなたで、なにかで考える。
わたしとあなたで、なにかをしてみる。
新しい発見のきっかけは、「わたし」とちがう「あなた」から。

からだ

からだbody

てのひらのシワ。からだの中をめぐる血液。
からだを支える骨と筋肉。
あるいて、はしって、しゃがんで、とんで…
どうやってからだは動くんだろう。
からだの不思議について知って、考えてみよう。

かんかく

かんかくsense

太陽のまぶしさ。
雨あがりのにおい。
遠くにきこえる鳥の鳴き声。
みて、きいて、かいで、さわって、あじわって…
五感をとぎすまして、目の前のものごとを観察してみよう。

ことば

ことばword

あ、い、う、え、お。普段あたり前のように話していることば。
きいたこともない外国のことば。
友だち同士しかわからない秘密の暗号。
そんなことばについて知って、考えてみよう。

たべもの

たべものfood

わたしたちのからだをつくる、毎日のたべもの。
あまい、からい、しょっぱい。
味はもちろん、色や見た目や盛りつけも。
たべものについて考えてみよう。

いろ

いろcolor

晴れた空のあおいろ。
夕焼けのあかいろ。
庭の植木のみどりいろ。
みていて嬉しくなるいろも、ちょっぴり悲しくなるいろも、
言葉で表せないくらいたくさんの「いろ」について考えてみよう。

かたち

かたちform

まっすぐ、ぐねぐね、ぼこぼこ、ぎざぎざ。
身のまわりにあるいろんな「かたち」。
どうしてボールは丸いんだろう。
どうしてえんぴつは六角形なんだろう。
あたりまえで、見過ごしている、かたちの不思議を考えてみよう。

いきもの

いきものlife

いぬ、ねこ、さかな、とりやむし・・・。
他よりはやく走れるように、水のなかで泳げるように、
空をとんだり、時にはびっくりするような姿のいきものも。
地球に暮らす、いろんないきものについて知って、考えてみよう。

しぜん

しぜんnature

草のにおいや、土のてざわり。
普段はふれない「しぜん」はもちろん、
家の鉢植えや、道端の雑草、蛇口をひねるとでてくる水も、
身近にあって見すごしている「しぜん」について、
「なんで」「どうして」を考えてみよう。

たてもの

たてものarchitecture

見た目のちがう、色々な家。
時には不思議なかたちのビルも。
暮らしたり、働いたりするたてものは、色やかたちも、高さもいろいろ。
そんなたてものについて考えてみると、
毎日の景色もちがって見えるはず。

ひとびと

ひとびとpeople

いつも会う人、まちですれちがうだけの人。
学校がえりのあの人や、仕事おわりのあの人や、
こどもも、おとなも、おとしよりも。
まちで出会う、いろんな人について考えてみよう。

  • 閉じる