わけるかたち

わけるかたち

キッズ
クラス

  • かたち

実施日:

6月期は「Sharing-共有・分かち合うこと」をテーマに授業をします。
今回は感情、モノ、空間の3つの要素から「共有」の在り方や方法論について考えます。

第1週は「モノのシェア」をテーマに授業を行いました。


ものをわける時、「わけかた」はどう決めるのだろう。
1枚のお皿を2人で使うためにはどうすれば良いだろう。
「わけあう」ために大切なことについて考えてみよう。

wakeru2

今回の授業は、まずはあめ玉からスタート。
ものの「分け方」について2人1組のペアで考えてみます。

wakeru4

奇数個のあめ玉をどうやって2人でわけよう・・

wakeru3「いちご味3つで、ソーダ味2つと交換しよう!」
子どもなりの対話と交渉がはじまります。
お互い、納得のいくカタチで、交換できたかな?

wakeru5次はこれ、ずらっと並んだ紙皿と紙コップ。
もしも「誰かと一枚のお皿やコップを共有しないといけない」としたら・・

IMG_3036切ってみる

IMG_3038仕切ってみる

wakeru6どんなかたちにしよう・・
とにかく、手を動かしながら、いろいろ考えてみよう!

wakeru7なにやら不思議な仕切りと線が・・
向かって左はシェアすることの初心者用らしい。
右側は仕切りがなくてガイドの線だけ。
なかなか面白い発想!

IMG_3035コップだって。
「糸を入れて、一人はそれを絞って飲んだら、コップを2人で使わなくてもいいね。」なんて、大人じゃ思いつかない発想も。

wakeru1こんなにたくさんのアイディアができました!

今回の授業では、プロトタイピングを導入しました。
ひとつのものをつくり込むのではなく、
短い時間で、なるべくたくさんのアイディアをカタチにして、
それぞれを並べ比較することで、また新しいアイディアが生まれます。

小学生小〜中学年には少し難易度の高い授業かと思いましたが、
一つつくれば、また次々と新しいカタチをつくる様子にひと安心。
実用的なものも、ヘンテコなものも、大人じゃ思いつかないような
アイディアを見て、こちらも楽しくなるような、そんな授業でした。