よくある質問

Q&A このページでは、以下の内容に関するご質問にお答えしています。
・対象年齢とクラスについて
・授業内容について
・受講や欠席について
・安全管理、道具の使用と怪我について
・小学校受験について

対象年齢とクラスについて

Q:対象年齢は何歳ですか?
A:幼稚園年中~中学生までを対象としています。
幼稚園年中〜小学校低学年までがプライマリーコース、
小学校中学年、高学年をキッズコース、
中学生以上をジュニアコースとして3つのクラスに分けて授業を行います。

授業内容について

Q:デザインを学ぶって、結局どんなことをするんですか?
A:当教室では、絵画や工作の技法よりも子どもの発想力と創造力を伸ばすことに重点を置いています。
詳しくはウェブサイトのデザイン教室についてをご覧ください。
これまでの授業は、授業のきろくからご覧いただけます。

受講や欠席、遅刻について

Q:親も授業に参加することはできますか?
A:ご可能です。

一方で、お子さまの自主性、創造力を養うため、お子さま一人でも集中して授業に取り組める場合は、保護者の方には少し離れた席でのご見学を推奨させていただいております。

Q:幼稚園や学校の行事などで来れない日があるのですが?
A:日程を調整し、欠席分は振替授業を受けることができます。
病気で休んだ場合も同様に振替が可能です。

Q:祝祭日はお休みですか?
A・お休みです。基本的に他の月で5週目のある週に振り替えます。

Q:他の習い事の終る時間が絵画教室の始まる時間に重なり、少し遅れるのですが入会できますか?
A:授業前にご連絡いただければご対応いたします。ただし、授業時間を遅刻分のばすことはできません。

毎回の遅刻時間が30分などの長い時間の場合は、遅刻時間を合算して、振替授業で補足することは可能です。(要相談)

安全管理、道具の使用と怪我について

Q:教室内ではどのような道具を使いますか?
A:授業の内容とクラスによっては、はさみやカッターなど、怪我の可能性がある道具を使用することがあります。
怪我の可能性がある道具を使用する場合、授業の最初に必ず使い方のレクチャーを行います。

Q:できるだけ怪我をさせたくないのですが
A:授業中には安全管理については細心の注意をはらい対応させていただきます。それでも、怪我の可能性は0ではありません。
当教室では、後遺症を伴わなず、健康に治癒が可能な軽度の切り傷、擦り傷などにおいては、お子さまの成長過程に置いて必要な要素であると考えます。
身の回りの危険が整備され、安全に十二分な配慮がされ尽くした現在の世の中で獲得しにくい「危険を予測する力」も、授業を通じて学んでいただきたいと考えています。

Q:怪我の際の対応は?
A:当教室では入会時に「安全管理シート」をご記入いただいております。
ご記入いただいた内容に応じて、教室内の救護セットを使用して処置を行います。
専門機関での受診が必要だと判断した場合も、ご記入いただいた内容に応じて対処いたします。

小学校受験について

Q:小学校受験には対応していただけますか?
A:当教室では、技能よりも子どもの創造力、発想力に重点を当てて授業を行っています。
もちろん絵の具を使った授業や、工作的な内容もありますが、受験に特化した内容ではありません。
これまでの授業は、授業のきろくからご覧いただけます。